山形牛・尾花沢牛専門 焼肉ハウスの金鶴です。尾花沢牛の飼育から小売、焼肉まで全てを一環しているからこそできる驚異の価格設定!!
焼肉ハウス金鶴ホームページ
ホーム安全への取り組み
金鶴の安全への取り組み
全商品にトレーサビリティ(個体識別番号)を表示

当店ではお客様に安全で安心できるお肉を提供するため、全商品に牛の肥育履歴が分かるトレーサビリティ(個体識別番号)を表示しております。

牛の肥育履歴は以下のサイトより、ご確認いただけます。

パソコン:http://www.id.nlbc.go.jp/
モバイル:http://www.id.nlbc.go.jp/mobile/

個体識別番号イメージ
BSE(狂牛病)について

狂牛病の発生源ともいわれている肉骨粉ですが、ここ尾花沢で肥育されている牛の飼料には、問題となっている肉骨粉は使用しておらず、第2りん酸カルシュウムや炭酸カルシュウムといった鉱石を原料としたカルシュウムを利用しています。飼料業者によれば、尾花沢牛用に出荷している飼料は、従来より一切使用していないという証明書も頂いてております。

実際に使用している飼料の正式名称は、「くみあい配合飼料 紅花しもふり前期・後期」であり、その飼料の内訳や使用割合までの確認が取れており、当方でも原材料の一つひとつについて詳細な確認を行いました。

十分な安全性が確認されておりますので、どうぞご安心いただくと共に、これからも尾花沢牛をよろしくお願いします。

尾花沢牛は、放射性物質の全頭検査済み。

国の暫定許容値を超える放射性セシウムが検出された稲わらを給与した牛肉が山形県内で流通し、山形県内の畜産農家でも高濃度の放射性セシウムに汚染された稲わらを給与した肉牛を出荷していた事が判明いたしました。

これを受け、山形県は7月25日より県内で飼育・食肉処理された牛全頭の放射性物質検査を始めております。

お客様にはご心配をおかけいたしましたが、当店で取り扱っている牛肉は、 全て安心、安全が保証されておりますので、安心してお買い求めください。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス